PGF画像の経緯


無修正のPGF画像がネット流出する過程

先ずはPGFと呼ばれる様になった背景から語らなくては進まないだろう、PGFの語源から、「Photo Gallery Frontier」の略で頭文字が愛称なのだ。1996年7月頃,『Frontier』とゆう謎のBBSが開設。勿論、PC通信時代の話です。 翌年、インタ−ネットの世界で.飛躍するも、99年に運営者3名が逮捕され有料のアダルトサイト、フロンティアが閉鎖されてしまいました。ココからが管理者不在となったPGF画像の氾濫が始まりました。そうです、DLした、手持ちの画像を、愛好者同士で譲り合うBBSが登場し、撮影者であるBOBY氏の番外と呼ばれていたPixyとよばれる..209セット大量シリ-ズがGandhara氏により、サムネイル付で公表される。凄い事に、拾った画像を勝手に販売し、(CD&MD)現在でも、逮捕者が後を絶たない状態なのだココで紹介する画像は、PGF画像に執着し,完全コンプを実施 多くのアダルト管理者によって直リンク(当サイトも同様)されている。そして現在「PGF画像」として知られている「VIPルーム」の画像ですが、以下は当時のフロンティアのBBSの冒頭に掲げられていた説明文です、、、参考までにコピペです(一部修正)


 『Frontier』の特徴は、なんと言ってもVIPルームの“素人ギャルの写真”です。
 一言で“素人ギャルの写真”と言ってもピンキリですが、
 『Frontier』のVIPルームに登録されてる“素人ギャル”は
 超極上の写真ばかりです。
 なにしろネット提携カメラマンが美人のギャルをゲットするために日夜、
 ナンパに励み苦労して撮影したオリジナルH写真ですから。。。^^;)
 女の子の容姿&画質に関しましては、超自信がありま〜す。


 【年会費について】
 『Frontier』の年会費は4,000円です〔有効期限->1年間〕
 入会されますとVIPルームを除くムフフ画像(裏本等)は一年間無制限!
 ダウンロードし放題で見ることができます。


 【VIPルームの利用について】
 VIPルームに登録されているナンパした素人ギャルを見たい方は
 上記の年会費とは別に料金がかかります。
 一人の素人ギャルにつき、たったの約1、000円前後で、そのギャルの凄い
 恥態写真を約40枚、見ることができます。
 何番の素人ギャルから見ますか? 自由に番号で選択することができます。
 入会手続き時にサンプル画像の番号で指定してください。

上記コメントは記憶に比較的新しいのでリアルでご覧になった方も多いと思います。フロンティアは年会費4,000円を支払うと1回30分の接続が可能で(当時はアナログが主流)、裏本等は見放題、「VIPルーム」の画像はその都度代金をセット単位で支払って購入するというシステムだったようだ。しかし、1枚の画像を落とすのには現在の様には行かず、客もドキドキしながら電話回線をフル活用していた・・(爆) フロンティアBBSのログを見ると撮影者や会員、ゲスト達の活発交流が残されてもいました。(数分間の限られた時間だけBBSの閲覧が可能だったらしい。)  1996年の11月頃から上記の料金体系に変更したらしいが、フロンティア開設当初から1996年10月まで上記の料金体系とは異なり、2ヶ月分の料金(VIP会員は入会金と2ヶ月分の会費で15,000円)のみでVIPルームの画像全てをダウンロードできたと言う事です。このため、電話代を気にしながら遠方から、お宝画像をダウンロードした激ファンもいたようです。毎日新聞の報道によれば、全国の都道府県に会員がいたそうですが、当時の平均速度「14.4K BPS」でダウンロードをする電話代を想像すると恐ろしくなります。1枚3分程度かな、会員の努力も多く聞かれてますが、関東に出張の際に自前のパソコンで、ホテル等からフロンティアに接続してお宝画像をゲットしたという笑える様な実話の努力話を耳にしてます。

当時まだネット環境が整っていない中、集客はどのようにしていたのか・・・・フロンティアはシスオペがNiftyの掲示板に会員募集の広告を出したり、パソコン雑誌に取り上げられたりしたことから、その良質のコンテンツと相まってマニアの間では広く知られるようになりました。この頃、素人投稿写真雑誌全盛で、素人の愛好者による顔を伏せて(目線)投稿コーナーに、雑誌では見られない目線なしの素顔が見られマスクが掛かっているとはいえ簡単に取りはずせるっと広告(宣伝)されれば一気に噂となり、人気急上昇しかもモデルは素人なのです・(一部AV女優の卵や風俗嬢も混じってる)ココでの好みは別問題としましょうハメ撮りする立場を考えれば、ブ〜娘とはって思うのが普通 BOBY氏は相当の色男だったと考えられるw後の各人紹介コメントにもあるが「BOBY〜(・∀・)イイ!!、最高〜♪」など相手をメロメロにする事は当たり前のように実践されています。そして舞台はPC通信からインターネットへと移し、1997年1月現在で会員数を600強とします。閉鎖直前には会員数800名、売上は3,700万円に上っていたそうだ。(毎日新聞社) そのフロンティアも、1998年3月20日付けで新規会員募集を停止します。そして1998年8月にはBBSにログインできなくなり、1999年の1月26日に撮影者N氏が逮捕され、2月16日にはフロンティアの運営者3名が逮捕されるのです。勿論、フロンティアは閉鎖されるのですが、先般伝えてる「逮捕者が後を絶たない」て事は別人による(元会員?)複製(コピー版)をCDROM販売が始まったのです。

現在でもそうだが、画像の流出は後を絶たず、管理者は写真に「Photo Gallery Frontier」ロゴを入れたり、無断転載サイトには警告を出してサイトを閉鎖させるなど、(怖い手口で)流出防止に躍起になっていました現在でも見掛けるPGF画像の中にはロゴ部分を丁寧に消している投稿者もいますw。まぁ〜一度UPされたら誰の持ち物って感じで本人以外のクレームは受け付けないって感じですね。 最近まで新聞報道の記事も残っていましたが削除対象となり、デリ。「PGF」画像は168セットのカタログが整備されている事、報道によりモデルの年齢などが結果的に保証されるような事態になり、168セット全ての画像をコンプしたいと思うのは・当たり前の結果ですよね (実は私もその一人かなw)

私がPGF画像と出会ったキッカケは「女人倶楽部」さま その解説の一部を引用させて頂きますが、ココで、当サイト本来の意味を再度伝いたい。「 Yahoo Maximum Plan 」簡単に言うとヤフ〜検索が一番なら画像まで導いてくれる機能が備わっているはずが、何度と検索しても(他の無臭モノには簡単に到達するがw)画像が見れず、接続分数を損した気分になってました(爆)勿論、日本憲法下で無修正モノをそのまま掲載は出来ないのでお馴染みの「直リンク」での紹介を考えました・・・(^^; ロボット検索ならヒットして欲しいと願って付けた、ネーミングが少し理想とかけ離れた様子に、自分でも驚いています。 「ヤフ〜で掲載出来ない情報」とは、「 Yahoo Maximum Plan 」=「YM計画」なのでした・・<(_ _)> (掲載願望もあるのかなw) 少し変化してしまいそれでは、以下の文を引用させて頂き次項へ進みましょう。

・・・・引用の始まり・・・・

まず、インターネットで騒がれるようになった最大の原因は1999年5月頃にPicture Upload BBSから独立したPicture Upload BBS for PGF(管理人がbillさんのため”bill産地”と呼ばれています)ができた事です。PGF板は桜田門とつながりがあるせいか裏板、前者は表板と呼ばれるようになりました。当初は、当然知る人も少なく、参加者が手持ちを貼ったりリクエストに答えたり、またPGFを持ってない人もお礼の品を表に張ったり既出リストを整理したりと和気藹々とした雰囲気が続きました。

ところが、6月頃突然サーバーの反応が鈍くなり、当初からの参加者はそれを..ある有名アダルトサイトのリンクのせいにしました。また奇しくも期を同じくして管理人のbillさんが病気で長期入院するという管理人不在の状況が続きました。アクセスできないストレス、時間と共に増える新人、舵取り人を失った板の状態は、急速に悪化して行ったのです。急増する新人にまでは、張り子は1日5枚まで、表板には絵本は貼らない等のローカルルールが浸透しなかった事も混乱に拍車をかけましたのだ。 「常連だけで集まっている画像掲示板がある」 とのデマがまことしやかに流れたのもこの頃です。

その混乱の中でひときわ際立っていたのが、どこの画像掲示板にも見られる、「貼る人」対「落とすだけの人」との対立です。PGFは持っている人が限られていたため「貼る人」に発言力が集中し両者の溝は深まるばかりでした。対立は時間と共に醜さを増し、画像無しでリクエストをしただけで罵りの言葉が浴びせられるまでになりました。また表板では裏板の存在を口にする事はタブーとなりピ潟sリした状況が続きました。持つ人のおごり、持たざる人のへつらい、人間社会の嫌な一面がはっきりと浮き彫りにされたのです。

その頃、平行していくつかの文字だけの掲示板ができ運営方針について議論がなされました。しかしそれはbillさんの不在という事もあり内輪だけの話し合いに終わってしまい板に反映されることはありませんでした。また、画像を他のサーバーにアップしそれを報告しあうという板もできましたが、出所のかぎられたPGFであることからかアップする人も増えずこれも長続きはしませんでした。さらに、投稿も無い状態が長く続いたころ、各方面に投稿専用ポート88をつけたURLが広く紹介されますます混乱を極める事となります。

しかし、その混乱期にも「マイペース」と称して貼りつづける人や既出の写真をインデックス形式にしてまとめてくれる人も現われ、bill産地の火は弱々しくあれど燃え続けたのです。PGF板が他の画像張り板のように簡単に消滅しなかった要因を推測するならば、サーバーがアメリカに設置されていて余計な圧力が掛からなかった。マスク無しの画像をアップできる気軽さ、管理人不在のため無意味な発言削除が無く混乱は最悪の事態は、かろうじて免れた、という事があげられると思います。

 9月に入りようやくbillさんが復帰し、板は課金制になり無料で見られる板には最大ページ数や同時接続数に制限がつきました。しかしそれでも板には繋がりにくい状況が続き、投稿専用ポート88を正式なURLであると、勘違いしている人々は、板には繋がるが画像がでないと思い込み、 「繋がるが画像をみるには課金に応じる必要がある」との噂が流れました。さらに、ポート888を指定すると繋がる事からそれを悟られない様にする為かbill産地のURLを教える事に非常に神経質になった人々もいました。また、この頃には当初bill産地に積極的に投稿していた人々の姿はほとんど見られなくなっていました。

------------------------ ココまで ------------------------


まぁ、解説が長くなると 「ココも同じかょ・・・・・汗;」なんて思われるのも本意では無いので参考までに整理し、5頁にまとめたのでご覧下さい。 また、掲載サイト様はアメリカよりの提供なので、日本からの閲覧でも問題は無いです。(串ナシでも観られますが、言語の設定はご自分で「英語(U.S.)〔en-us〕」を上にして下さい)逮捕報道内容を忠実に再現。

 PGF0001−0030 PGF0031−0060 PGF0061−0090 PGF0091−0120 PGF0121−0168


正規登録ナンバーでは、以上が「Photo Gallery Frontier」ロゴ付き一覧である。 番外編のPixy版の情報は後ほどするとしましょう、 私がPGF画像を探すのに大変役立った、推奨するサイトを紹介しますが、閲覧など..現在では掲載していないサイトさまもあるようです。  先ずは、直リンクサイト様ですが、「エロス005」さまは、広告面積が非常に小さく、当時は裏本サイト・投稿サイト等をまとめておりましたが、現在では4つに分離して営んでいる。 (他3サイトベストショット・・PUSSYCAT・・裏本チェキラ ) 一応にアクセスが増えると総合から専門ジャンルのサイトと変貌するのがアダルトサイトと言える・・・大全集シリーズもそのようですね こちちらも「素人・・裏本・・美少女・・動画・・金髪・・アニメ・・」と6サイトをシリーズ化としてる(親元は別です) メジャーサイトなので知らない方は少ないでしょうが、PGF画像を含めた無料画像を毎日更新してます。

レア画像の直リンクサイトではTOPクラスの「CUTE PINK NET」さまです。現在でも日々直リンク活動を継続、PGFファンならずも多くの支持をされてます。 無修正の画像はやはり外国経由でないと基本的には見れないので外国産を含めた「ギャラリ〜サイト一覧」も参考にして下さい。

PGF画像の歴史について少し戻りますが、私が制作すると同時に他でもいろいろと情報を得るのに交換した内容があります、解説するサイト様から一部を引用するので参考にして欲しい。(先程の補足的に)2000年末までを観察して書き上げている それ以降は独自の課金サイトやCD販売サイトは現れていない(と思う)。TGPとしては現在も不動の位置を築いているのは間違いない!

・・・・引用の始まり・・・・

99年の7月頃に「PGF mania」や「PGF collectors site」といったPGF関連のサイトが相次いで開設されURLが色々な掲示板に書かれます。 私がPGFを知ったのもこの頃です。これらのサイトはいずれも手持ちのPGFを数セットから数十セット公開して未所持分を募る目的だったように思います。

BILL産地はURLを掲示板等で質問しただけで激しい攻撃を受ける状況でした。通常の80ポートは常に重くてなかなか繋がらないため参加者が増えてさらに接続状況が悪くなることを恐れ、良質の画像を独占しておきたいという参加者の気持ちがあったのだと思います。そのため「すごい画像掲示板があるらしい。」という噂が各所に流れました。事実BILL産地の表(PGF画像以外を扱う)や、裏(PGF専門板)には入手の難しい良質の画像が多数張られていました。BILL産地は2000年1月に閉鎖してしまいましたが閉鎖直前のイメージがHDのキャッシュに残っていたのご覧ください。88ポートで入っているため画像はありません。

フロンティアの会員でPGFを全て自前で購入した会員からはBILL産地はかなり批判的に見られていた様です大金をはたいて購入した画像が次々に無料サイトにアップされるのですから当然のことでしょう..あと一つ特記することは、URLなどの秘密主義に皆が嫌気がさしている頃に、ハンドルネーム「牛乳瓶」を名乗る人物が、BILL産地の88ポートを含めPGF関連のURLを掲示板に書きまくった事です。功罪については賛否両論があるでしょうが閉塞感のあったPGFコレクターの世界に風穴を開けた事は確かでしょう。 この「牛乳瓶」氏によってPGFを多くの人が認知することになり、これがFTP革命の遠因になったことは否定できません。

この時期はPGF168セットのうち数十セットは手に入っても最有力産地であるBILL産地が有料化で使い物にならなくなり、信じられないほど多くのコレクターがコンプリートへの絶望感を抱いていたのも事実です。

Bill産地の有料化、80(HTTP)ポート、88ポートの閉鎖により行き場を失ったコレクター達は途方にくれましたまさに弱肉強食の時代がはじまったのです。

168シリーズのうちかなりを集めていたコレクターたちは、有志を募りクローズドで交換を始めました。ある者はBill産地の特殊ポート888を探り当て、その情報が流れることに非常に神経質な反応を示したりしました。また詐欺まがいの交換サイトも雨後の筍のように現れては消えました。

そんな時、Maggot氏のFTP革命が起こりました。

厳しい状況下で情報を集め、自分の掲示板に転載することから始まった、Maggot氏のページ。初めは本当に細々としたものでした。そんな状況下でも黙々と情報を集めアップを続け、初心者にもやさしく説明をする姿に賛同する者が増えてきたある日の事でした。FTP革命が起こったのです。それはコロンブスの卵でした。アップローダーがフリーウエブスペースにアカウントを取り、手持ちのファイルをFTPでアップ、パスとIDを掲示板で公開して、ダウンローダーがFTPでログインしてダウンロードするというシステムでした。初めてそのカキコがされて数時間後には数十本のFTP鯖が乱立していました。いままで押さえつけられていたコレクターの気持ちが爆発したようでした。

そのときの掲示板のログです。

●maggot(296) 題名:これは革命なのか
管理者が驚いててもしょうがないんですが、凄いことになってきました。
DL忙しくてお風呂にも入れません。ありがとう。
どこも重いんで、tripod.frにとりあえず3っつ。

name:pass maggot:zscwzy
maggoti:kkhrtm
maggotfunk:gsxrfk

Frenchです。パロ〜レパロレパロ〜レ〜
095、153見た〜い。まっ、御自由に、でも大事に使ってね。
Mozilla/4.04 [ja] (Macintosh; I; PPC, Nav) 投稿日 : 99年10月20日<水>00時35分

この時から1週間の混乱と興奮の間にPGFのすべてのファイルが、恐らくはアップされた。WAVをネット上で初めて目にしたのもこの時です。皆、寝る間を惜しんでアップ、ダウンを繰り返した。しかし、興奮が落ち着くにつれて、FTP交換の欠点に皆が気づき始めました。心無い者にファイルを削除されたり、FTPクライアントを使えない者の質問、回答、批判で板が荒れるといったことです。その後アップローダーがFTPでアップ、希望者がHTTPでダウンロードするという現在のPGF交換の形が出来上がりました。この混乱から交換システムの成立をMaggot氏は強力なリーダーシップで調整していった。Maggot氏の板を「帝国」、Maggot氏を「管理神」と誰とも無く呼び出した所以です。Maggot帝国はネット上で話題となりDOM,ROMを含め多くのコレクターが訪れました。この時期23:00から翌日の3:00頃までは板に入れないという状況が多く見られました。また、帝国でアップされたものがBill産地に二次アップされ、Bill産地の古参の常連から批判されるといったこともありました。

Maggot帝国は、1999年11月の上旬に初のコンプ者(168シリーズ全部集めること)が出たのをきっかけに、続々とコンプ者を輩出しました。後述する理由で帝国が崩壊するまでの1ヶ月間に、少なくとも30人から50人のコンプ者を出しているものと思われます。

さて、一方の雄、Bill産地はどうなっていたでしょうか。

有料アダルトサイトであるのに、コンテンツはボランティアのアップローダーに頼るという不安定なシステムがうまくいくわけはありません。一般のポートを開いて無料で見れるようでは会員になる者はいないだろうし、かといって完全に締め出してしまってはコンテンツの供給が無くなってしまいます。管理人も随分悩んだ様でポートを空けたり閉じたりを繰り返していました。ポートを閉めるたびに常連アップローダーの板から去るというカキコがありました。888ポートを完全に閉鎖したときには、反響の大きさに管理人が常連にアカウントを発行する、という悲痛なカキコが見られたりしました。このあたりの経緯は現存するPGF関連の最古の板である、「固定ハンドルを使わないでPGFのことについて語り合う掲示板」の過去ログに残っています。細々ながらもアップロードは続きBill産地も99年12月下旬に初のコンプ者を出します。その後破損ファイルの補完、INDEXの補完がされ閉鎖直前には、ほぼ全てのファイルがアップされていたようです。そのBill産地も2000年の1月中旬から完全に沈黙してしまいました。理由は不明ですが、コンテンツがほぼ全てアップされ、今後の運営が困難な事から自主的に閉鎖したのではないかと推測されます。閉鎖の理由に関しては今後の情報を待つ必要がある。

しかし、帝国の繁栄も長くは続きませんでした。「“ポルノ大国”日本に高まる批判」のニュースが99年12月14日ネット上を駆け巡りました。その日はどのサイトも平穏を保っている様子でしたが、翌日にはほとんどすべてのPGF関連サイト(帝国、その他)が閉鎖してしまいました。

繁栄を謳歌するmaggot帝国の終焉は突然やってきました。1999年12月14日、産経新聞の記事がネット上を駆け巡りました。その日はどのサイトも平穏を保っている様子でしたが、翌日にはほとんどすべてのPGF関連サイト(帝国、その他)が閉鎖してしまいました。

そして、残ったのはBill産地のみという状況になりました。しかし今回は1999年9月のときのような悲壮さはありませんでした。なぜなら革命によって数多くのコンプリート者が誕生していたからです。maggot帝国の末期(1999年12月)には、ほとんどの参加者はコンプリートをして、破損ファイルの補完や、より画質の良いものを求めて情報交換をしていました。

さて、年が明けて西暦2000年のPGFはどのような歴史を刻んでいったでしょうか。

前述したようにBill産地は1月中旬に突然の沈黙をしてしまうが、しかし、沈黙するまでのBill産地では重要な出来事が起こっていました。それは、"HANA"のアップがされていたことです。ポートを狭められ、なかなか繋がらない状況下でも細々とアップが続いていたことはすでに述べました。この中に"HANA"があったのですBOBY氏撮影の本編には無いシリーズがアップされるのは極めて異例、現在でもそれは、"HANA 15pics"と「RINA 43pics」しか流通していない事から判るでしょう。残念な事にあと18枚張られる予定のところでBill産地自体が沈黙してしまいました。それが、その後Pixyと呼ばれるものだということは当時はほとんど知られていませんでした。

産経新聞のニュースから2週間が過ぎ、PGFをめぐる動きはふたたび活発になってきます。きっかけとなったのはやはりMaggot氏でした。帝国後期からすでに板をはなれ、HP作成に力を入れていたmaggot氏のアップ報告用掲示板「Clatterbox BBS」がその舞台となりました。帝国の終焉時にまだ未コンプだったコレクターがリクエストとアップ報告を始めたのです。時期が時期だけにそれを止めようとする動きもありましたが、圧倒的なコレクターの力に押し流されました。maggot管理神自身が管理しきれないので、もう止めないよというカキコも見られました。その後板はリクエストとアップ報告でうめつくされ、早くも1月の下旬にはすべてのファイルが、アップされ、「倉庫」と称するURLのindexまでアップされました。

この時期の動きが革命時と大きく異なる点がいくつかあります。

  1. 交換に使われるサーバーのほとんどが「鳥:各国のtripod」から「猟犬:SEX HOUND」に変わったこと。
  2. SEX HOUNDのメリットはアカウントの取得が容易なこと、FTPを使わなくても(使えないが)サイト内のサービスメニューから簡単にファイルがアップできること、アダルト専門のフリーウエブスペースのためファイルが削除されないことなどです。
  3. 交換なしの「くれくれクン」にも寛容で気軽にリクエストに応えてアップがあったこと。
  4. アダルトサイトにアップされた画質の悪い「二次圧縮物」が流通していたこと。

などです。

一旦、コンプリートした「Clatterbox BBS」は2月に入った頃から参加メンバーが交代し始めます。「倉庫」もいつのまにか姿を消し、再びリクエストとアップが始まります。しかし、またもや新たな動きが起こってきた。

FTP革命によって流出したPGF画像が無料のアダルトサイトを中心としてアップされ始めたのです。この流れは、その後も止まらず3月上旬から中旬にかけて、ついに168セット全てがWEB上に上がるという事態を迎えます。それに伴いリクとアップのカキコは姿を消していきます。「Clatterbox BBS」も誰かがburi.netの管理者に苦情を言ったとの事で、3月中旬にburi.netの管理者によって閉鎖されてしまいます。

PGF画像がWEB上ほとんど全てアップされると、今度はPGFのリンク集が増え始めました。パクリは当たり前パクリのパクリサイトも現れます。3月下旬には似たようなリンク集が雨後の筍のように増殖した。ほとんどのサイトがバナー広告を貼った広告収入目的のサイトだったため、リンク先のアップローダーがリンク集の運営者に苦情を述べるといった光景も見られました。

ほとんど全てのPGF画像がWEB上でアクセスできるようになり、リンク集も多くなってきた状況下でPGFをめぐる動きは鎮静化を迎えるかと思われました。しかし、2000.2.23にそれは突然起こりました。Gandhara氏の主催するpgfaddictでPGF番外と呼ばれていたものがPixyとよばれる209セットのシリーズ物だということが、突然公表されたことです。しかもそれには写真付きのINDEXも存在していることが判明します。

Pixyについて掲示板でさまざまなうわさが飛び交いましたが、杳として情報が出てきません。PGF番外専門のページ「桜写真館」もオープンしましたが有力な情報は出てきません。

さて、2000年の第二四半期のPGFはどのような状況だったでしょうか。

大きく分けて二つの話題に集約されると思います。一つはPGF画像(正規版)のNET上での動き、もう一つはコレクターが一番関心のあるPIXYの情報がいよいよ現れはじめたことでしょう。

まずPGF画像(正規版)をめぐる動きを取り上げたいと思います。

PGFはすでに原産地のサイトが消滅していること、カタログ、プロフィールが整備されていることなどから、アダルト画像の一大ジャンルとしてその位置を確立したように思われます。いままでのように掲示板でのファイル交換は4月以降ほとんど見られなくなりました。なぜなら168セット全ての画像が常に、WEB上にアップされており、いつでもアクセスできるようになったからです。ただし、番外やINDEX(黒・白)の入手、破損ファイルの補完などは以前より難しい状況になっています。

以前は一大事業だった168セットのコンプリートも、ADSLかCATVの回線が使える環境ならば1日で達成できる状況になりました。Maggot管理神の掲示板も書き込みがない日が多く見られるようになりました。

しかし、革命期のようにボランティアで画像がアップされているわけではありません。PGF画像をアップしているほとんど全てのサイトはフリーウエブスペースを利用して画像をアップし、バナー広告を貼り付けて広告収入を得ようとするサイトであるのが現状です。

さらに、そのサイトにリンクをはってバナー広告の収入を得ようとするサイトが次々と現れています。これらのサイトは通称「ふんどしサイト」と呼ばれ革命を経験したコレクター、自ら画像をアップしているサイトの主催者からは批判的に見られています。「ふんどしサイト」とは他人のふんどしで相撲をとって、小遣い稼ぎをしているとの意味だと思われます。これらリンクサイトと自ら画像をアップしているサイトとの対立も表面化してきました。「リンクだけでコンプリートしています、当サーバー内には違法画像を置いていません」をうたい文句にしている某リンクサイトなどは、アップローダーから次々にファイルを削除され、現在ではほとんど全ての画像を自前でアップしています。

PGFの全画像が流通し始めてまだ1年も経たないのに、PGFをめぐって色々なことがありました。PGFはこれからどうなっていくのでしょうか。

さて、PIXYですが少しづつ、情報が出回り始めました。これまでの流れを簡単に整理しておきたいと思います

  1. 2000年2月 「pgfaddict」でPGF番外と呼ばれていたものがPixyとよばれるシリーズ写真であることが公表される。
  2. 2000年5月 「桃の家」(サイト名・仮名)でハンドルネーム「白銀」(仮名)を名乗る人物がPIXYをはじめて公表する。「白銀」氏はこれ以降も散発的にPIXYを公表しています。
  3. 2000年6月 「場末の酒場」(サイト名・仮名)で209までのPIXYのカタログ画像のサムネールが公開される。
  4. 2000年7月 「五色神牛」(仮名)氏のサイトでPIXYの総枚数が記載された15ヶのtxtファイルが「ATI」(仮名)氏によって公表される。「ATI」氏はいくつかのPIXYも公表しています。また、超有名サイト「夜天使」に121までのPIXYのカタログ画像(フルサイズ)も公開されました。7月8日現在公開中。

といったところでしょうか。

現在の状況から判断してサイト名、個人名は一部、仮名としました。

PIXYがFTP革命のように大ブレイクするか、水面下でひそかに交換される(されている?)のか今後の動向が注目されます。

さて、2000年の第三四半期です。この時期の動きとして特記すべきことは4-6月の延長上の2点でしょう。

まず、PIXYですがハンドルネーム「白銀」氏がその後も散発的、時には大量にPIXYを公開して現在までに公開されたPIXYは40〜60セット近くになるでしょう。また、「ATI」氏も「五色神牛」氏のサイトで公開を続け、「場末の酒場」でも活発にPIXYが公開される様になりました。しかし、いまだブレイクには至りません。持っている人は絶対にいるはずなのですが…。

PGF正規版については恐ろしい事態が生じてきています。PGF画像がアダルト画像の一大ジャンルになったことは既に述べました。誰でも比較的簡単にコンプリート出来る状況になっていますが、コンプリートする為にはそれでもある程度のスキルと努力は必要とします。ここをついて商売を始める者が現れたのです。

海外のフリーサーバーにアカウントを取ってPGFのCDを販売する者や、なんと「ヤフーオークション」でCDを販売するものまで現れる始末です。これは完全な違法行為でいつ手が後ろに回っても不思議はありません「毎日新聞インターネット事件」を見ると、ほとんど毎日のように同様の商売をしている者が摘発されているのに何を考えているのでしょうか?恐ろしいことです。

2000年の第四四半期のPGFはほとんど動きがありませんでした。相変わらずPGFはフリー画像として、NET上を流通しています。CD販売のサイトも現れては消えています。

唯一、話題と言えばまたしても「白銀」氏が、今度はPGFのマスク付の画像(通称:PGFオリジナル)を公開したことでしょう。アダルトサイトの二次使用で画質が悪いファイルが蔓延しているなかで、これはコレクターの関心を一気に集めました。PIXYに次ぐ新たなコレクターズアイテムが誕生したといって良いでしょう。フロンティアの会員であっても、オリジナルのマスク付ファイルは消去してしまっている人が多いのでこれも収集は難航しそうです。

---------- ココまで ----------


当時の実情から、ネット人口は多くないのですが、一様にプロ意識での情報交換は盛んに行われて現在に至るといっても過言ではありませんね。 以降、類似の素人ハメ撮りサイトの流出画像には多くのファンが付いているのです。 「過去に掲載のある女性達を一同に整理したサイト」です、本来ならば、ジャンル別に(武藤・PIERO・インターH・JTP・ANA・PPG等)整理したいが、ダブりも見受けられるので、そのまま顔を表示しています。 上記にも書かれているように、個人で閲覧するだけなら、何等問題は生じないのに、その魅力からか商売とする輩が現れては消え、繰り返し悪行をする時代がココに終結したと言える。 まぁ、これほどのネット環境が整った現在の日本では犯罪が長続きはしませんので、、犯罪者になりたくなければ、ご自分の趣味の範疇でお楽しみ頂ければ良いのでは・・、念の為PIXYインデックスをご覧下さい 閲覧可能モデルも存在するが・・・。。


-- インターネット時代が明るい世の中を造り上げて行く!--

最後に、ヤフーを10年以上前から愛用している方ならご存知と思うが、何となく・・知らないうちに巨大化してしまい今に至っては一流企業の仲間入りです 我々としては困った事ですね、以前のように 何でも探せる、(アンダーグランド関係)愉快で情報力の宝庫として愛用していた時代が懐かしいです。

だが、ヤフーの発展が日本のネット環境をここまで快適にした事は言うまでもない事実です、悔しいが、手の届くところに存在していた感、誰もが驚いている事だろう。 いや、礼を言わせて頂きましょう。何故って、、健康な男性なら女性の裸体は嫌いではないはず、むしろ見たいって思うでしょ・・・(爆)ネット接続は(きっかけは〜エロ画像)統計によると80%以上でアダルトサイトの無料接続らしいです。

身体が不自由でも(リハビリ関係者の話)パソコンで元気を取り戻したと、前向きに生きる目的を見付け仕事から、遊びまでネットで何でも出来る時代なのです。 また遠方の知人友人、親類等とリアルタイムで容姿を伝えながら(双方向で)会話を楽しむチャットを無料で提供して、単身者などには大いに役立つコミニティーツールなのです。

インターネット環境は、これからも発展し 未知の世界を造り上げて行く事でしょう 
                                                    YM企画 修正ナシ 管理人 big